体に良い敷布団・疲れが取れるマットレス

雲のやすらぎ

ランキング

寝相が良くなく疲れが取れない時にはどうするのか?

 

「わたしは寝相が良くない。しょっちゅう布団が動いてしまう」

 

と言う方。

 

お伝えしたいのは自分の寝相が悪いと決めつけてしまいがちです。

 

だけども、睡眠している時の自分自身というのは、管理できないのも実態です。

 

恐らく、寝相を己でコントロール可能ならば、自分の寝相が妨げとなると考える人は改善するようにしているはずです。

寝相が良いという誤った認識がある方は注意です

しかしながら、寝相がしっかりしてないのは?

 

実際はこのような原因があるのかもしれません。

 

敷布団・マットレスがマッチしていない

 

皆が知っているかどうかですが、寝相というのは寝返りの事とも言えます。この寝返りが、個人個人できちんと行えている人といない人がいるのが現実です。

 

覚えておいてほしいのは

 

寝相が良い=素晴らしい快眠が出来ている

 

という思い込みは誤りがある事を記憶しておいてください。

 

それよりも、寝始めた時と大体姿勢が変わらず寝相がよく、寝返りもほとんどしない人というのは少し注意が大切です。

 

寝返りと言うのは、昼間に溜まった疲労を取り除いてくれる、睡眠中の必要不可欠な反応です。

 

従って、寝返りがうててない方は、就寝時に疲れが上手いこと除去できていない恐れがあります。

 

だからと言って、寝相が悪いのも不安になるところですね。

問題なのは今使っている敷布団やマットレスかもしれません

寝返りが上手に出来ていない人、
一方で寝相が悪すぎる人、

 

気を付けてほしいのは実を言うとあなたの馴染みのある寝具に問題点があります。

 

敷布団・マットレスの事です。

 

 

マットレスにおいて、ふんわりしているのが好き、固いのが好き、という志向・合うかどうかはあるでしょう。

 

だけれど、そこからがポイントで、お好みがあっても思った通りに、己が睡眠をとっている時にしっかりと寝返りを出来るものか?

 

を検証していく事が重要。家族に寝ている時の様子を聞くだとか。

 

 

ここ数年体圧分散が評判で、横になった時に身体にかかる負荷を最適化してくれる事で、

 

腰痛への負担を緩和してくれたり、寝起きに痛くならないようにしてくれています。

 

またそんな体圧分散の中でも、適度に抵抗があるモノがあなたの寝返りを手だすけしてくれる役目になります。

 

ここの反発・抵抗が強力だと寝返りが多くなってしまい、結果として、寝相が悪いのでは?と勘違いしてしまう訳です。

 

雲のやすらぎ

体に良い敷布団にみんな何を求めるのか?

ある調査によると、睡眠時の悩みとしてどんな内容があるのか?というと、ダントツで多いのが、

 

「腰痛を少しでも軽減したい」

 

という事でした。腰への負担を減らしてくれる=体によい敷布団という構図が見えてきます。
しかし、それだけが全てなのか?と言うとそうでもなく、

 

体に良い」という視点で考えれば、
・疲れが取れる
・体の骨格を歪めない
・体への負担を減らして心地よい睡眠を誘引してくれる
・背中が痛くならない

 

などなど、その悩みのポイントは人それぞれです。また、そのポイントをどこにおくのか?によって、敷布団の性能・素材にも影響が出てくるので、敷布団選びは慎重にならざるを得ません。

 

肌にあう素材が良いのか?色合いが良いのか?高さが良いのか?堅さが良いのか?

 

とにかく自分で一定期間寝てみないと分からない部分でもあります。しかし、敷布団にお試しというのはありませんので、過去自分がどういう敷布団を使ってその時はどういう感覚で睡眠を取る事が出来ていたのか?から推測し、自分に合う敷布団を判断する必要があります。

 

それでも決めかねてしまう場合はやっぱり周囲の感想や意見を重要視していきます。

腰痛の時の布団のおすすめは?

自分には無い症状でも、いろいろ話を聞くと敷布団の反発が少ないと寝返りも少ない、腰がくぼんで負担が強くなるなどという、逆に堅過ぎると背中が痛くなる、首や肩こりが酷くなり起きられない、という悩みを抱える人もいます。

 

だとしたら、適度に反作用があり、確実に寝返りがうてるマットレスではどんな物を選べばよいのか?

 

その上で、

 

腰痛の時におすすめの敷布団は?

 

という点ですが、

 

このサイトでも紹介している「雲のやすらぎ」は、反発・抵抗という点で大いに優れています

 

 

あとは全体的に機能を含めて、あなたがしっかりと快適に熟睡できる商品を選んでみてください。

 

そうすれば自然と疲れが取れるようになってくるかもしれません。

 

雲のやすらぎ